東建物まるごと!検査修繕

いいものを、ながく使いつづける。“きちんと調べて手入れをすると、建物は100年以上使っていける。”

生涯収支が同じでも、なぜかヨーロッパの人の暮らしにゆとりを感じ、
疑問に思うことはありませんか?
欧米のように、建物を永く住み継いで行くことが、資源のムダ使いを抑えるだけでなく、
人生の中で大きな割合を占める「住まいのコスト」のムダ使いも抑えることができます。

日本においても、“ 優良なリノベーション”の統一規格が定められ、法的な評価書など、
安心して、安全なリノベーションを選択できる指針が整備されました。
東急電鉄の1棟まるごとリノベーションでは、これら第三者機関の評価はもちろん、
自社における基準やアフターサービスなども設け、
ハード面、ソフト面から永くお住まい頂くための仕組みを作っています。

〈1.えらぶ〉
耐震性やメンテナンス性等、多岐にわたるポイントを調べ、分譲に値する既存建物を厳選します。
販売済物件:アライエ等々力(リノベーション前)
〈2.しらべる〉
第三者機関により、入念に検査・診断を実施することで、「使える箇所」、「直すべき箇所」を洗い出していきます。
■コンクリート中性化深さ測定。
実際の建物に使用されているコンクリートを採取。中性化の進行具合を調査し、構造の耐久性を調べます。
■コンクリート圧縮強度調査。
実際の建物から採取したコンクリートサンプルに圧力をかけ、構造物が設計基準強度を満たしているか調べます。
■給排水設備調査。
実際使用されている配管や水槽の腐食や錆など、経年による劣化状況を調べます。
■構造調査。
建物コンクリート内の鉄筋が設計図書通りであるか、かぶり厚さが建築基準法を満たしているかを検査します。
〈3.なおす〉
建物診断の結果を受けて建物全体の大規模修繕を行います。雨水漏水や構造躯体に関連がある劣化がみられないという、第三者機関の診断を受け、既存住宅性能表示「A」判定を取得します。
〈4.かえる〉
共用部デザインと機能性を一新。
専有部には最新の設備も導入します。
販売済物件:アライエ等々力。
〈5.つくる〉
こだわり度合いに合わせてえらべる設計コースで、自分らしく個性的なお部屋がつくれます。
販売済物件:アライエ等々力。
〈6.くらす〉
保証と履歴管理でずっと安心。
充実のアフターサービスで、資産価値を維持します。
販売済物件:アライエ等々力。
■アフターサービス(内装等)2年※1
■既存住宅販売かし保険により5年間の長期保証。
保険会社のバックアップで、主要部分の不具合が「5年保証」に。
※1:植栽は2年、屋上防水等は5年(3ヶ月、1年、2年の定期点検も実施)。
※2:構造耐力上主要な部分[躯体、雨漏り、給排水、電気設備] かし=「不具合」のこと。
ページの先頭へ